資格を取って自信を取り戻そう!

長い人生の中で、最も輝いているのが40代だと私は思います。

様々な経験を経てキャリア的にも十分で、かつ体力も有り余っている。それが40代のだと思います。

最近は、寿命が伸びてきているので、50代や60代の人も体力があってバリバリ働いているので、一概にそうとも言えなくなってきていますが、やはり40歳代くらいが仕事において一番輝いている時期だと思います。

しかし、中には中間管理職の地位につくなどして、上からと下からの両方のプレッシャーに挟まれて消耗し、元気がない人もいます。

何をやってもうまくいかず、自信を喪失して浮かない顔をしている人もたくさんいます。そういう人に私がお勧めしたいのは、何か資格に挑戦して合格することです。

自分の興味のあることでいいので、何か自分に向いている資格を探して、それに挑戦してみることです。

どんな資格でも、合格するためにはある程度の努力が必要です。そのプロセスを経て、合格して資格を取得できた時の達成感はなかなか日常では味わえないものがあります。そして、それが大きな自信につながるのです。

会社での実務能力も一流の域に達し、知識も社会経験も豊富な40歳代の人たちが、かつての若かった頃の心の底から出てくる自信を取り戻す近道は、資格の取得にあるのではないかと思うのです。

役職と言うその会社で与えられて、その会社でしか通用しない地位ではなく、広く社会に出て、どこにでも通用するようなステータス、それが資格なのです。

日本では1000以上の資格があり、それらの資格が全て網羅されているこちらの情報サイトがあります。資格キングと言うウェブサイトですがそちらに日本で実施されている資格が全て掲載されていますのでそちらで自分に興味のあるものを見つけると良いかと思います。

会社から帰ってテレビを見ている時間、酒を飲んでいる時間、そーゆー無駄な時間を新しいチャレンジに向き合う時間にすることで、合格したときに本当に心の底から大きな自信を手に入れることができます。