人がたくさん集まるリビングやダイニングは天井高くしよう

応接間や接客のための和室などを作らない最近の住宅では、リビングからダイニング、キッチンまでがひと続きになったLDKがおもてなしの場を兼ねていることが多いです。

そこでオススメなのが、LDKは、毎日家族がそこで過ごす場であるのはもちろんのこと、来客してくれた人たちもリラックスして過ごせるように演出をすることです。

間取りを設計するときには、まず家の中で最も日当たりや眺望に恵まれて、心地よく過ごすことができるスペースを、LDKのために確保しましょう。

また室内と一体化するような形でデッキを作れば、ホームパーティー等の時に、ダイニング代わりにすることができるし、室内とデッキを自由に行き来したりすることができ、開放感が広がって楽しみ方が大きく広がります。

特にたくさんの来客を迎えることが多い家ならば、リビングやダイニングの天井高を高くすることがポイントです。

天井高を高くすることができれば、実際の床面積以上の広がりが生まれ、たくさんの人が集まった時でも圧迫感を感じることが少なくなります。

また窓やトップライトなどをうまく配置することで、外に視線を抜くとさらに効果が得られます。

このように天井高を高くするなどの少しの工夫をすることで、家族が過ごすにも、来客者が過ごすよりも、ゆっくりとくつろぐことができるパブリックスペースにすることができます。

高い天井高を確保し、さらに、大きな窓や吹き抜けを作れば空間をさらに広く感じさせることができます。

リビングやダイニングの窓からガーデニングなど緑の色を見えるようにしておくことで、外と室内とが一体的に感じられ、より広く開放的に感じることができるのでそういったこともお勧めです。